サービス案内 エージスが提供するサービスをご提案します。

SEO成功の秘訣

内部要因と外部要因の見直し

SEOは大きく内部要因と外部要因に分けられます。SEOで良い結果を出すには内部要因・外部要因の問題点をしっかりと分析し、対策をおこなっていく事が必要です。
内部要因は見た目のデザインではなく、検索エンジンのクローラーが読みやすいページでサイトを構成することで対策を行います。内部要因はサイトのタグ構造、テーマ、キーワード、キーワード出現率、内部リンク構造などさまざまです。
外部要因は多くの良質なサイトからリンクされているページほど検索エンジンに高く評価される前提に立ち、サイトの被リンク構造を見直します。リンクポピュラリティとも呼ばれますが内部要因以上に非常に重要な要素です。

内部要因で重要な3大要素

クローラーがサイトの内部を評価するポイントとして次の点が挙げられます。

  • ・HTML・CSSの文法
  • ・キーワードの位置
  • ・キーワードの出現率
・HTML・CSSの文法
HTML・CSSの構成は検索エンジンのクローラーが読みやすい形に最適化することが必要です。
・キーワードの位置
単にページ内にキーワードが含まれればいいわけではなく<title><h1>タグ内などテキストがより高く評価される箇所にキーワードを配置します。
・キーワードの出現割合
検索エンジンはページ内に繰り返し用いられるキーワードを認識します。
テキストにはユーザビリティを考慮したうえで、一定の割合でキーワードを配置することが必要になります。

外部要因で重要な3大要素

検索エンジンがページの外部要因を評価するポイントとして次の点が挙げられます。

  • ・外部リンクの数
  • ・外部リンクの質
  • ・リンクテキスト
・外部リンクの数
より多くのページからリンクを受けているページが高く評価されます。
・外部リンクの質
より質の高いページからリンクされているサイトが高く評価されます。
質の高いページとはそのサイト自体が多くのサイトにリンクされていること、ドメインの運用歴が長いことなどを指します。また、質の高いサイトからの被リンクが多数あっても、IPが分散されていないと評価されません。
・リンクテキスト
リンクテキストとはHTML文書の中でリンクが設定された文字列のことを指します。
アンカーテキストとも呼ばれます。どのような言葉で外部サイトからリンクされているかも外部要因の重要な要素の1つです。

>> キーワード選定のポイントへ

ページトップへ

サイドメニュー

sub bottom