サービス案内 エージスが提供するサービスをご提案します。

スポンサー広告の単価

検索エンジンの仕組みは、一般の検索結果に加えて有料で出稿できる「スポンサー広告枠」があります。これらはPPC(Pay Per Click)と呼ばれ1クリックごとに課金されるシステムになっています。

スポンサー広告枠の価格決定は入札式になっており特定のキーワードに対する入札者が多ければその単価は上昇していきます。逆に入札のライバルがいなければ最低価格で出稿することができます。
検索エンジンのスポンサー広告枠はグーグルの検索エンジンに広告を出せる『アドワーズ』、ヤフーの検索エンジンに広告を出せる『オーバーチュア』が有名ですが、安いキーワードであれば最低で1クリック9円からの広告出稿が可能です。

昨今のスポンサー広告を取り巻く環境は数年前に比べて大きく変化してきており、入札者の増加に伴いあらゆるキーワードで単価が上昇しています。
不動産関連や美容関連など人気のキーワードでは入札競争が進み1クリックで2,000円などのキーワードもあります。

クリック単価の上昇の背景にはWEBサイトがビジネスに活用出来ることや、検索エンジンへの出稿が非常に広告効果が高いことなどから、大企業が多大な広告費をかけてキーワードに入札していることが挙げられます。
大企業からすれば従来のテレビ・雑誌の広告に比べると購買意欲の高いキーワードの購入は非常にコストパフォーマンスが高いため様々なキーワードで積極的な広告出稿が行われています。

スポンサー広告は現在もWEBでビジネスを展開する企業が様々なキーワードへの入札を行っており非常に速いペースでクリック単価の入札金額は上昇してきています。
現在スポンサー広告を中心にアクセスを獲得されている企業も今後はクリック単価の上昇に伴いSEOの必要性がより高まってくると考えられます。

>> SEO成功の秘訣へ

ページトップへ

サイドメニュー

sub bottom